東京から地方に引越

4月に14年間生活(3年間は海外)をした東京(世田谷区)を離れて静岡に移り住みました。

仕事中心の生活といういい方は好きじゃないんですが(^^;)僕の場合は時間拘束の仕事ではなくパソコンやスマホがあれば問題ない仕事です。※アフリエイトや株取引、ネットワークビジネス等の人を勧誘して利益を得るような仕事ではありません。

さて、タイトルにもあるように東京から静岡に引越して、あと数日で1ヶ月が経過します。最初に仕事の話を書いたのは、僕の場合はどこでも仕事ができるので東京に住む理由はありません。できれば日々の固定費(例えば賃料等)や無駄なコトを減らして自分自身の時間を自由に使いたいタイプなので都会という場所は正直言えば観光で十分と思っていました。

ご存知の方もいると思うんですが、六本木ヒルズに住んでいたり高級車を乗り回したり、パーティをしたり・・・Blogランキング1位になってみたり派手な生活をしていた時期があり、その際は会社法人で売上も従業員もそこそこある会社で上場を目指せる貿易会社でした。不況になる前に会社をやっていると必ず経営者が感じる「義務」「責任」というのが嫌になって辞めて、完全に1人の道を歩むことにしました。

会社をやっていると上記に書いたように義務や責任を見返りに大きく育っていく訳ですが、他人(従業員)の面倒を仕事以外でも見なきゃいけないとか(メンタル管理等)非常に面倒なんですよね・・・パーティしたりすれば「私達は頑張ってるのに・・・社長は。。。」みたいな完全な悪者扱いで、給料を上げたとしても不平不満は働く以上は永遠な気がします。そういうシンプルではない仕事って非常にストレスになってくるわけで、そのストレスが経営判断を鈍らせるということもあり、車を買ったり良い場所に住むのはお金の関係なので余り影響はありませんでしたが、ただ「お金の切れ目は縁の切れ目」という言葉があるように最後の方は「周りにいる人達はお金で集まってるんだな・・・」と何となく気がついていた部分がありましたので、そういう部分で、早々に終わらせることもアリかなと思い会社を終わらせました。

現在はイメージ的にはリュックサックに荷物を詰め込んで日々サバイバル生活をしているイメージに近く(実際は家や車はありますが)いわゆる背負ってる荷物が少ないという意味で、朝何時に起きても全然平気な環境で(もちろん!予定あがあれば別)随分とシンプルになりました(3年ぐらい前から)簡単にはシンプルな生活にはなれずに、お金を必要以上に払って、整理した部分もありますし欲や願望を捨てなければいけないかった部分もあるので大変でしたが、今では身軽になっている状態です。

そんな中で東京生活をしていた訳ですが、都会が発展した理由としては新聞やテレビ・ラジオが主流だった時代は情報や仕事を求めて都会に出てきたものですが、今はネット時代となり情報配信というのは統一されてきており、情報発信についても全国どこでも可能になったという部分で耳や目で聴く見る情報以外は地方でも十分に問題がなかったりするわけです。

東京へ1時間30分(新幹線)で行くことができ地域資源のある「静岡」これからの時代は日本のローカルが世界を支えるというぐらいに地域資源(歴史や文化・産業)がとても大切と感じたので静岡へ引越しを決意しました。


静岡に引越してきてから感じた東京(都会)や実際の生活については別の機会に書かせて頂ければと思いますm(__)m

0コメント

  • 1000 / 1000